• Motoe

本を出そう!

最終更新: 2019年8月9日

「本を出したら!!」

佐藤先生のこの一言で始まった。「「女だてらに!!」そうだこのタイトルがいい。」

「今まで出会った人を全部上げていったらいいよ。その人たちとのエピソードを書いていって、それがたまってきたら、本にしたらいい」


そこにおられたスタッフの方々に、「ちょっとみんな聞いて、焼山さん、本を出すから協力してあげて」

うわーー唐突!!

「それはいいですね。」皆さん満面の笑顔で拍手をしてくださる。

もう逃げられない。

本当に本を出すかどうかは別として、自分の歩んできた道を振り返ることができる。


今までお世話になった方々を、思い出すことができる。

この一瞬だけでもたくさんの方々の顔が思い浮かんでくる。


自分の人生、かなり特殊だと思う。

何故にこうやって歩いてきたのか?


ご先祖様方がいて、両親がいて、たくさんの方の助けを頂いて、そして今の私。

自分も知りたい・・・


どうしてこの人生だったのか・・・


両親もご先祖様も、そして何より私自身が本当に喜んでいる。


いつも自信がなく、人と比べては卑屈になっていた自分の人生に光が差し込んだ気がした。


過去がわかれば未来が見えてくるよ。と佐藤先生。


佐藤先生は、引き出してくださった。


自分が今本当にやりたかったこと。

出会った人も出来事も、全て必然だったことを知りたい。

そして、私はかけがえのない人生を歩んできた事を認めてやりたかった。


どこをどう感じてくださって、そこを引き出してくださったのだろう。

私自身もはっきりと自覚できていたわけではなかったのに・・・


さて、まずは今まで私に出会ってくださった方々の名前を上げていこう


私の人生のキャスティング・・・



19回の閲覧

Tel. 559-476-7239